しっかり食べて健康に

和食

意外なメリット

糖尿病とは、インスリンと言うホルモンの不足により慢性的に高血糖状態になる事です。高血糖状態が続くと様々な合併症を引き起こす可能性があるので、普段の食事に気をつけなければなりません。食事療法と聞くと難しそうとか食事が楽しめないのではないかと不安になる方も多いでしょう。しかし、実際にはしっかりとルールを守れば何も難しくはありません。基本的には食べ過ぎず、規則正しい食事習慣を身につけていく事です。偏食せず栄養バランスのとれた食事を継続的に取っていくだけで、特別な事は特にないのです。こうした食生活は全ての基本ですから、糖尿病だけでなく万病の予防にも繋がります。体型が気になる方にはダイエットの効果もありますし、糖尿病の食事療法は考え方を変えるだけで意外にもメリットが多いのです。

食べ方に気をつけよう

では実際にどのような食事なのでしょうか。まず、血糖値コントロールをするために長く空腹状態になる事を避けます。これには三食を規則正しく食べる事が大切です。また、自身にあったカロリー摂取を守ります。現代人はカロリーを摂取し過ぎる傾向がありますので、適量に戻すだけで大きな効果があります。栄養バランスも大事で、肉や魚、野菜に乳製品など、多品目を偏らずに摂取していきましょう。糖を多く含む米やパンなどの炭水化物は糖尿病の大敵と思われがちですが、身体のエネルギー源となる大切な栄養素ですので適度な摂取は必要です。こうして見ていくと意外にも食べてはいけない物は少なく、厳しい制限も必要ない事が分かりますね。また、毎食バランスを考えるのが大変な場合は糖尿病患者向けのレシピ本も数多くありますし、塩分や糖分をコントロールした療法食の宅配システムなどもあります。そういったものも上手く取り入れながら、楽しく糖尿病と向き合っていけると良いですね。